越谷市・ダイエットとリンパマッサージの痩健道Re トップ 予約・問い合わせ ご予約のお悩みに コース一覧・料金表 場所・地図・行き方 Q&A メールマガジン 「越谷っ子」の痩健道Reのページ

トップ > お客様から受けたインタビュー > 痩健道式「痩せやすい人の特徴」 >

人を見て、法を説く。それが成功させる方法。

このページでは、お客様を逃してしまった経験から学んだ、
成功の秘訣をお伝えしています。

「人を見て、法を説く。」

ところで、 店をやっていて、つらかったことってありますか?

あります。 Sさんが来なくなったことです。

誰、Sさんって?

お姫様だった人(笑)

何で来なくなっちゃったの?

私に「人を見て、法を説く。」ができていなかったからです。

どういうこと?

Sさんが望んでいたことを理解してあげられなかった、ということです。

Sさんには、新技術の開発にご協力いただいていました。それ以前からご来店くださっていたのですが、彼女が望んでいたのは「近所で完全予約の個別対応マッサージでリラックスでき、それでちょっとでも痩せればよい。」でした。

しかし、新技術は「どんなに痛かろうが耐えろ!将来のために痩せろ!間違っていないことをやっている!」みたいなものでした。

それ、折檻よ。マッサージなんかじゃないわ。

本当に申し訳ないと思っています。

医学書には体の仕組みが書いてありますが、それは人間の分析であって個人を見ていません。
Sさんがいらっしゃらなくなり、当時の私が見ていたのは人間の分析でしかなかったと気づきました。そのまま営業を続けていれば、人間は来ても、個人は来ない店になっていたでしょう。

だから、私は個人を見て、人間は見ません。いや、見えるところまでは見ます。そうしないと、マッサージに使うオイルを選べないから(笑)

効果を出すためには、お客様の状態を知っている必要があります。「体を大切にすると効果が出る」を、わかりやすく伝えることも重要です。
そこで、「人を見て、法を説く。」を最優先にするようになりました。

「人を見て、法を説く。」か〜。

好きなんですよね、そういう格言が。

デール・カーネギーの言葉に「私は苺ミルクが大好物だが、魚はどういうわけかミミズが大好物だ。だから魚釣りをする場合、自分のことは考えず、魚の好物のことを考える。」っていうのがあります。

やたらと「間違いだらけのダイエット!正しいダイエットはこうやるべき!」とか言いたがる専門家がいますが、そいつの物言いが気に入らなかったら、そいつの言うことは二度と聞きません。

ストレスで腸の吸収力が落ちているとき「1日3食きちんと栄養!」とか言われたら、「ま〜、ストレスのない人はイイわね〜」程度でしょう?

確かに。

目次に戻る

好き。

酒井さんも結婚前、好きではない男と付き合ったことがあると思いますが、何をしようがされようが心から好きになれなくて、結局別れたのではないでしょうか。
その経験を重ね、大好きになれた人と結婚して、その人との子を2人も産んだ。

うん。

別れた男との子を産もうと思えば産めたと思いますが、そいつに将来を感じないから、産もうと思わなかった。80年も生きる生き物を産み、育てる苦労を感覚的にわかっているから。

だけど、ご主人のことは大好きだから、「好き」を深めようとする。その結果、産み育てるのは、苦労ではなく幸せだと感じた。だから「産もう」ではなく、「産みたい!」「あなたのために、私にしかできないこと、させて!」になったのではありませんか?

ダイエットも健康作りもこれと同じです。

どうしてですか?

未来に幸せに生きる自分が好きなら、それを深める。

ダイエットや健康作りは、はっきり言って面白くない。全然やりたくない。だけど、それは未来ある人にとって苦労ではない。幸せなんだ。 そう気づいたき、「痩せよう」ではなく、「痩せたい!」「将来の幸せな私のために、今の私にしかできないこと、させて!」になる。

その結果、がん、心筋梗塞、脳卒中、認知症、「子に介護させる」を強力に予防できます。健康に戻るからです。

第14部はこの続きです

酒井さんが楽になって気付いた今までの損と、生活習慣病を患う人の特徴的な思考をお伝えしています。
「今まで損してたなって。」を見る

このページのトップへ

受けられるコース

情報のページ

ただ今のお知らせ