越谷市・ダイエットとリンパマッサージの痩健道Re トップ 予約・問い合わせ ご予約のお悩みに コース一覧・料金表 場所・地図・行き方 Q&A メールマガジン 「越谷っ子」の痩健道Reのページ

トップ > お客様から受けたインタビュー > ホームページはラブレター >

痩健道は悲しい介護を予防する

このページでは、ストレスが認知症、介護、
防げる病死にも関係していることををお伝えしています。

予防できるのに、それをしないでいると…

痩健道マッサージ部門とセミナー部門は、それぞれ何のためにあるんですか?

どちらも、更年期以降の女性を介護される人にさせないためにあります。

私は「自分は何者か」を探った結果、25kgのダイエットに成功しました。その過程で、父の死因がストレスから来る生活習慣病だったことや、祖母が介護されることになった原因が更年期障害だったとわかりました。

介護費に毎月20万円もかかる暮らしが11年続いていますが、それを稼ぎ出す私は楽ではありません。予防できるのにそれをしないから、その受け皿になる家族が長年にわたって死ぬ思いをします。

ホントに死ぬ思いだ。

生活習慣病で最も心配なのが、血管の老化です。
更年期を過ぎると、メタボ体型でない人でもコレステロールや中性脂肪が増えます。

目次に戻る

女性ホルモンは貴女を病気から守っている

コレステロールとか中性脂肪にも更年期が関係してるの?

しています。

更年期に入る頃には、女性ホルモンの分泌量がかなり減っています。それが原因で下腹部に贅肉がつくし、閉経頃からは中性脂肪やコレステロールが増えてきます。

それが動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧の原因であることはご存知と思いますが、真犯人は活性酸素です。これが細かな組織を酸化させる現象として、動脈硬化やがんがあるからです。

がんまで!

女性ホルモンには、ビタミンEのような抗酸化力があります。

女性が男性より長生きする理由の1つのに、女性ホルモンの抗酸化力で動脈硬化の進行が食い止められていることが挙げられます。その力を発揮させることは重要と考えます。

かなり重要(笑)

でしょう?(笑)

女性が介護されることになる原因に、アルツハイマー型認知症があります。最近の研究で、その原因が脳内の動脈硬化による血行不良とわかってきました。

認知症には脳卒中型もあります。その2つが大半を占めるので、動脈硬化を予防すれば、認知症を高い確率で予防できます。

その動脈硬化に活性酸素っていうのが関係してるみたいですが、それ何なの?

一言で言うと、体の中で勝手に発生してしまう厄介な物質です。木なら枯れる、鉄なら錆びる、肉なら傷むっていう変化を起こすものって言うと、伝わりやすいかな。

それを増やす大きな原因として、日々のストレスがあります。そのストレスの影響が心身に出やすいのは女性です。ストレスとうつは関係が深いですが、それは女性に多い病気でしょう?

排卵から月経まで期間はストレスの影響が特に出やすく、平常心を保てないこともあります。そのため、その期間専用のマッサージも用意しています。

枯れたり錆びたり傷んだりっていうのは嫌よね、いくつになっても女だから(笑)

目次に戻る

何もしないことで、どん底に落ちる。

更年期って45歳くらいから10年間ほどだそうですが、それより若い女性は受け入れないの?

そんなことはありません。むしろ若い人にご来店いただきたいです。
予防は、病気になってからやっても効果がありません。「予防していたので、更年期に入っても、後に介護される人にならない。」とお考えください。

老いてから健康に目覚めた人は必ず、「もっと早くからやっておけばよかった」と言います。1つしかない大切なものが、今から何をしようが元に戻らないほど傷んでいたと悟るからでしょう。生きてはいるが、どん底に落ちていたと。

歳取るとわかるのよね〜、人生は1回しかない、命は1つしかないって。

私も人生の後半に入ってわかりました。その経験で言うと、「それじゃ、どうしようもなく遅い!」

生活習慣病や更年期障害は、何とかしないかぎり何ともなりません。それを悪化させて、生活習慣病でも更年期障害でもない家族を苦しめる。孫や子なんていう、滅茶苦茶にかわいがっている存在を、そうやって苦しめる。

苦しんでいる人はストレスが多いから、生活習慣病に陥りやすい。実際、私もそれで死にかけました。更年期障害を併発すれば、深刻な状況になるでしょう。

何重にも苦しむね、それ。
「若いときの苦労は買ってでもしろ」っていうのとは、わけが違うな。

私もそう思います。だから、そういう不幸を世の中から減らしたい。いや、減らす。 そういう経験をしてきた私だからできると思っています。

幸せになったとき、その人の身体は健康に戻っています。家族が受け皿にならない。だから家族も幸せ、という連鎖を起こすためにマッサージをしています。

これからやろうとしているセミナーも、それと同じ目的です。

それ、すごく重要ですよね。

目次に戻る

介護の本当の怖さ

ママ友のお母さんが最近、認知症の症状が出始めたそうです。病院で検査してもらったら、やっぱり脳が減ってた。まだ69歳なのに。
年金と貯金だけでは心配だから、彼女、パートに出始めた。自分のために働くわけじゃないから嫌で仕方ないって言ってて、どうも最近うつっぽい…

痛いほどわかるなあ、それ。

そのお母さんが平均寿命まで生きるとしたら、あと17年も介護が続きます。身体的経済的精神的に、17年間毎日。しかも、だんだん重くなる。

ママ友さんも歳を取るわけだし。介護はお金もかかります。お母さんの介護でお金を使い果たすと、自分が病気にもなれません。病院に行くお金がないから。でも、ストレスで病気を繰り返す。がんやうつは、そうやって患って悪化する。
今だったらまだ間に合うっていうタイミングが来ていて、それがわかっているのに逃す。

つらすぎ…

ママ友さん、お母さんに殺される。一回しかない人生が、そうやって終わる。

お母さんは、自分のお腹を痛めて産んだ愛娘の人生をそうしたかったわけじゃない。でも、予防しないことでそうなった。

確かに。

私は婆さんの老人ホーム代に毎月20万円払っています。

払うのがつらかったころは、「これじゃ俺の方が先に死ぬ!」って毎日思ってた。それがストレスになって25kg太って、目が見えなくなったりした。言動が荒れて、お客さんを逃した。

今は25kg痩せて、目も見えるようになったけど、逃したお客さんは帰ってこない。私が悪いんだから。

そうならないためにストレスを抜いたり、適正体重を得たりすることが大切と考えています。だから、そのためのマッサージをしています。

なるほど。やっぱりストレスって怖いね〜。

はい。

不眠症の人に認知症が多いのは、寝ないから血管が緩まなくて、脳に血が巡らなくなることが原因です。

ストレスは血管を縮めるし、活性酸素を大量に発生させます。これが動脈硬化を進めるから、脳の中の血管も硬くなります。それで脳の血行が悪くなる。これも認知症の原因です。

ストレスがある、寝られない、太っていて中性脂肪やコレステロールが高いという条件が揃えば、ほぼ確実に認知症になるでしょう。
それが、肥満やストレスを解消せずに歳を取った結果ではないでしょうか。

やっぱりそうか。
早期発見早期治療って言うじゃん?病院で「発見」っていう段階になったら、治療が必要な病気になってるってことだよね?かなりお金がかかるわりには、それしか治らない。
予防だと病気は治らないけど、自分で治す力っていうの?、それが強くなるから、いろいろなものが良くなる。これからは予防医学の時代だ!

もうずいぶん前からそういう時代ですよ(笑)

第8部はこの続きです

ストレスが抜けて子供への愛情を取り戻したお客様の話と、マッサージ用オイルの効果をお伝えしています。
ストレス解消とオイルの効果を見る

このページのトップへ

受けられるコース

情報のページ

ただ今のお知らせ