越谷市・ダイエットとリンパマッサージの痩健道Re トップ 予約・問い合わせ ご予約のお悩みに コース一覧・料金表 場所・地図・行き方 Q&A メールマガジン 「越谷っ子」の痩健道Reのページ

トップ > お客様から受けたインタビュー > 生理を学び、気付けるようになったこと。 >

ホームページはラブレター

このページでは、ホームページで伝えなくなったこと、店の名前を変えた経緯、
お客様への物言いで気をつけていることをお伝えしています。

ダイエットじゃない部分で救える人のほうが多かった

それで今回、ホームページからダイエットの数値データを消しました。
それを載せていた頃は、「これぞ俺が他より強烈に秀でている個性であり、これなら俺は信用してもらえる!」くらいに思っていました。

でも、お客さんから「豪君、ホームページから数値的な情報を全部消しなさい。あれは豪君のいい部分を台無しにしている。お母さんは豪君のダイエットじゃない部分が好き。それで救える人のほうが多い。豪君は、そういう人になったのよ。」とお褒めの言葉をいただきました。

お母さんなの?

いいえ、私を実の子のようにかわいがってくださるお得意様です。

彼女は元産婦人科医です。彼女には、女性の苦しみのうち、私が感覚的に理解できないことを尋ねています。彼女にしている質問の内容が、彼女が初めてご来店くださった頃と今とで変わってきているのでしょう。

頼もしいお客さんだね。やっぱり女性ホルモンのことも尋ねたりするの?

もちろんです。専門家から直接聞くこと以上に正確な情報はありませんから。

女性ホルモンを学んでいるうち、「俺が25kg痩せて、血管が大事だとかストレスは猛毒だとか言っているのは、男より女に有効な話だし、特に更年期以降の人を救えるじゃん!」と気付きました。

それをもとにホームページを直そうとしたとき、もうエステティックサロンなんて名乗るのをやめようと思いました。

どうしてですか?

嫌だったからです。

目次に戻る

店名を変えることで、仕事をしやすくなった。

私はもともと美容に興味がありません。ホームページだけで集客すると決めていたので、店をどう検索していただくかを考えた結果、「エステ」「サロン」を店名に入れただけです。
だから、とにかく嫌だった。看板を出さなかった理由もそれです。

今後は「痩せて健康になる道を説く。そのために体を触る。痩健道の高野豪。」だから、もうエステの範疇じゃないだろう、と。

なるほどね〜。
ずいぶん苦労したんじゃないですか?お客さんの期待していることと、高野さんの興味のあることが違ってる状態が11年も続いたんでしょう?

そのとおりです。

私は勉強が好きなんですが、病気についてわかったことをホームページにやたらと載せていました。私がどんな観点で女性を触っているのかを理解してほしかったからなんですが、これが全く逆効果でした。

お客さんはエステを受けたいと思って店を検索します。すると 弊店のホームページがヒットしますが、不摂生への警告がドバッと書いてある。

それがその人へのラブレターになるわけですから、「この店行ってもキレイになれないな。気難しそうな男がやってるし。」と思われて終わりでした。

目次に戻る

説く人として気をつけていること

それはわかります。
ネットで何か買おうとしたとき、こだわりの伝え方が良くないっていうか、「これだと私は買いたくないんだよ、この店では。」って思って買わないこと、よくあります。

そうですよね。この前、ヨガ教室でそれを感じました。

「市民のためのヨガ教室」という宣伝だったので行ってみました。授業は約2時間で、そのうちの1時間は講師が喋っていた。

人前で喋るのが苦手だとか言いながら、内分泌がどうとか自律神経がどうとか、アーサナだの何だのって、やたら喋る。

そこに集まった人の何人が、その話を覚えていられるか。覚えていないことを、どうやって生活の役に立てるのかって。

そうよね。

講師は教えている最中にやたらと自分の世界に入る。目をつぶって何も言わずにスースー呼吸している。

目の前にいる「市民のためのヨガ教室でヨガを習いたい」って人は、それを見て何を習えるのかって。しかも、目をつぶっているから、参加者がまともにできているかを確認しない。

家に帰ったら、今日やったことを1つでもやれと指示を出したんですが、テキストをよこさない。初めての人にその場で覚えろと。

そういう講師っていますよね。
教えるっていうより、自分のできることを見せつけるだけっていう…

そこは私も気をつけています。

痩せられないとか不調が治らないという人は、方法を知らないからやらなかったのか、知っていてもやらないのかの2つに分けられると思います。

セミナーや教室に参加する人は前者ですが、講師の教え方が悪いせいで、興味を持っていたことに興味を失う。その結果、後者になってしまうことがあります。

そこで弊店としては、マッサージを受けたい人には体が楽になることだけ、セミナーを受けたい人には頭脳で痩せられることだけを伝えることにしました。
痩健道マッサージ部門と、痩健道セミナー部門でホームページを分けています。

第7部はこの続きです

ストレスが認知症、介護、防げる病死にも関係していることをお伝えしています。
痩健道は悲しい介護を予防するを見る

このページのトップへ

受けられるコース

情報のページ

ただ今のお知らせ